穴堀の終わった二日目、建立準備が始まります

埋設される大量の資材が穴の回りに集められ、柱の回りに巻かれる温水パイプも準備されます


200sを超える備長炭
その他、竹炭や天然セラミック、セラミック炭素、海流石等大量の陰陽の遠赤外線資材が用意されます


お神酒やお塩で穴や大型海流石の礎石を清めた後、セラミック炭素を敷設

大黒柱から降ろされる自然生体電気エネルギーを八方位に広げる為、免疫値27の驚異的なエネルギーを持つ海流石が礎石はもちろん、八方向に設置されます

■施工画像2