静岡県伊東市「富戸鹿島踊り」(ふとかしまおどり)

そもそも鹿島踊りは鹿島大神を祀る神事の踊りで、主として海岸沿いにあるのが特
色です。
 その数ある鹿島踊りの中で、当三島神社のものは踊りの内容と言い、歌詞と言い、
節まわしと言い、独特のものとして注目されています。
 その内容は、最も任務の重い竿先が黄金の柄杓のついた幣を持ち、上げ歌士は
赤幣、附歌士は白幣、ほかには、日・月の鏡幣を持った2人が踊ります。
 はじめに円形となり、あるいは正しく四列となり、前後左右四方に方向転換し、上
げ歌士は中央に、竿先は前後左右に走り踊って順序を誤らないようにつねに指示し、
日・月の鏡幣は列になった時、必ず前列の右端と後列の左端にいるように、歌いな
がら勇壮快活に踊ります。そのようすに、見ている人は荘厳の中に神秘の世界へと
さそわれます。