福島県南相馬市 北萱浜の天狗舞
北萱浜神楽愛好会芸能保存会
会長 山本昭彦
 およそ170年前に越後から北萱浜に入植した人たちが、悪魔退散の為に天狗舞を舞ったことに由来すると伝えられています。天狗舞は、から手舞、幣束舞、天狗と獅子の剣舞の順で演じられ、剣舞では、天狗が刀を持って獅子と激しく立ち合う珍しい舞です。

平成23年の東日本大震災による津波、原発事故による甚大な被害を受けましたが、道具等の整備を図り、平成26年1月に念願の復活を果たし、各地で舞を披露しています。平成7年に南相馬市指定無形民俗文化財に指定されています。

 平成26年 福島ふるさとの祭り2014