熊本県八代市 妙見宮祭礼の獅子舞楽

 妙見祭の獅子は、中国風の衣装や楽器を用いるのが特徴で、元禄4年(1691年)
頃、城下の豪商井櫻屋勘七(いざくらやかんしち)が長崎諏訪大社祭礼(長崎くんち)
の獅子を習い伝えたのが始まりで、創作を加えながら中島町の獅子として妙見祭に奉納
されるようになりました。
 角が2本で胴が赤白の雄獅子(おじし)と角が1本で胴が赤黄の雌獅子(めじし)で
1対となり、1匹の獅子に2人が入り、頭と前足、尻尾と後足をそれぞれ受け持ちます
。その息の合った動きはまさに神技です。
 玉振り役の子どもとともに、チャルメラやラッパ、ドラ、鉦(かね)、太鼓にあわせ
て表情豊かに演じます。
 獅子に子どもの頭を噛んでもらうと「元気に育つ」といわれ、縁起ものの獅子の周り
にはたくさんの人が集まります。