岩手県一戸町「高屋敷神楽」
高屋敷神楽は岩手県を代表する山伏神楽として、平成24年(2012)11月13日、県の無形
民俗文化財に指定されました。
源流は江戸時代の中頃には存在していた上女鹿沢の三明院にあります。江戸時代後期か
ら明治時代になると、神楽は山伏の手を離れ三明院周辺の高屋敷などの村々に、更に県
境を越え青森県三戸郡、上北郡・下北郡などに伝えられ、影響を受けた団体が、この地
域に数多く分布しています。