奈良県曽爾村 曽爾の獅子舞

享保3年(1718年)から今日まで脈々と受け継がれてきた「曽爾の獅子舞」は、伊
勢太神楽の流れをくむ貴重な伝統芸能として、昭和54年(1979年)奈良県無形民
俗文化財にも指定されています。日頃の練習で練りに練られた技が、軽やかさと華やか
さを伴って次々と繰り出され、見る者に伝統芸能の厚みや深みの感動を与えるものです