1月の誕生石
ガーネット



ガーネット



名前の起源は、ラテン語で『種子』という意味の『granatus』に由来するとされるガーネット。

日本では、ざくろに似ていることから『ざくろ石』と呼ばれます。

ガーネットは、古くから世界各地で『神聖な石』として崇められ大切に扱われてきたといわれています。

大々的に使われ始めたのは、ヘレニズム時代。
中央アジアまで東方遠征したアレキサンダー大王は、インド産のガーネットを自国まで持ち帰ったといわれています。

ローマ時代になりガーネットの人気は衰退したのですが、中世期になり、パイロープと呼ばれる血のように真っ赤なガーネットの発見により、ふたたび人々に愛好されたと伝えられています。

古代エジプトでは、特別な彫刻を施したガーネットを強力な護符として崇め、ユダヤ教の祭司は、真理を得る石として身につけていたといわれます。

中世ヨーロッパ時代ではこの石が示す赤色が『一族の血の結束』を表すとして王家の紋章として尊ばれてきました。

1月の誕生石としても有名なガーネットですが、『信頼と愛の石』としてロマンティックな伝承が残されている石でもあります




意味・効果

1月の誕生石としてよく知られるガーネットは、『実りの象徴』とされ、目標に向かい、コツコツと積み上げてきた努力の成果を実らせて、成功へと導いてくれるといわれています。

受験や就職など、目標のために努力し頑張っている人のサポートをし、力を貸してくれるでしょう。
そして、その努力が無駄ではなかったということをガーネットが教えてくれるはずです。

どんな困難や大きな課題を前にしても、持ち主に忍耐力を与えて前向きに乗り越えるようサポートしてくれる石でもあります。

意思を強くしたいと願う人が身につけることで、精神力を強めて勇気を与える作用があるといわれています。

叶えたい夢や願望を見失ってしまいそうな時、初心の情熱を呼び起こして、揺るぎない信念をもたらしてくれるでしょう。

また、この『実り』の効果は、恋の成就にも手を貸してくれます。
古い伝承では、大切な人との別れに再会の誓いとしてガーネットを贈りあったり、友情の印とされたりなど、深い 『絆(きずな)』として表現されることもあるようです。
それゆえに、大切な人との愛情を深める『一途な愛』を象徴するパワーストーンとも言えるでしょう。

大切な人との不変の愛を願う人は、アクセサリーとして身につけると良いとされています。



▲戻る