7月の誕生石。(ルビー)

燃える炎のような真紅のルビーは古来より、宝石の女王と呼ばれています。その赤い色は情熱や深い愛情の象徴と思われていました。英国での国王の戴冠式にもルビーがセットされている等、多くの王が護身府として身につけていました。


▲戻る