臨床データが物語る真実

一人でも多くの方に
安心して
ご利用頂くために


私ども株式会社PMCアルファースリームを一人でも多くの人に安心して使用いただくことを目指して、多くの時間を研究開発に費やしてきました。一刻も早く全国のたくさんの人に使ってもらいたい、一分一秒を争う命の懸かった人に使用してもらい命を救いたいと願っています。そのために過去の収益のほとんどを6年に渡る大学病院での臨床試験につぎ込み、医療用具としての認可取得を目標としてきました。現在400例の臨床データが得られております。

アルファースリーム検査および臨床データの概要
(平成13年10月)
○遠赤外線分光放射率の測定

(平成13年11月)
○殺菌力及び抗菌力の測定(黄色ブドウ球菌等)

(平成13年10月)
○マイナスイオンカウンター測定

(平成15年10月)
○マイナスイオンαVの測定と放射グラフ化

(平成15年4月〜)
○血液の浄化作用の臨床検査

(平成15年4月〜)
○細胞活性化作用の臨床検査

(平成15年7月)
○経皮酸素分圧計による測定検査(ダイエット効果)

(平成15年8月〜)
○高脂血症・リポタンパク代謝の臨床検査

(平成15年10月〜)
○脳波及び脳内ホルモンの臨床検査

(平成16年3月〜)
○自律神経等の調整作用の臨床検査

(平成16年7月〜)
○アレルギー体質改善作用の臨床検査

中間報告で明らかになっている作用3点
1.脳内のアルファ波と同調することにより、リラックス効果を高め、脳内のバランスを高いレベルで維持する。

2.細胞レベルでのマッサージ効果により、血流を改善して肩こりや冷え性などを防止する。

3.医学的検知においてのダイエット効果(コレステロールの減少等)

この他にも膨大な資料があるのですが、まだ中間報告のため、具体的にお見せすることができません。まだまだ豊富な作用を病院より報告頂いております。

▲戻る