「ピロール農法野菜」とは!?

ピロール農法の大きな特長は、地球上のどの土にでも生息していると云われる土壌菌のラン藻の増殖を、「ピロール資材」というものを田や畑に散布することにより促し、土の中の微生物相を豊かにして肥沃な土を作ることです。 このらん藻(ラン藻、シアノバクテリアとも言われます)の優れた働きにより、おいしくしかも栄養価の高い作物を収穫することができるのです。
<主な特長>
・温暖化防止( CO2削減 )に役立つ農法です。
・酸性雨の対策に適した、農法なのです。
・富栄養化現象になっている、河川の浄化につながる農法です。
・水質浄化ができる農法です。
・農薬を分解してくれる農法なのです。
・発ガン性のあるトリハロメタン類の分解もしてくれる農法です。
・砂漠化防止に期待される農法です。
・ダイオキシンの減少も可能という、ピロール農法。

ピロール作物は甘くて、風味があり、どの野菜を食べても昔ながらの味がして美味しいと好評です。ピロール作物は私達人間の生命維持に必須元素であるカルシウムを始めとしたミネラル分やその他の栄養分が一般の作物に比べて多く含まれており、それが美味しさとして感じるのです。



▲戻る