ご存知の方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、ここでは新米をおいしく召し上がっていただくために、「新米のおいしい炊き方」をご紹介します。

【お米の研ぎ方】
@まず、たっぷりの水を使ってお米をキレイに洗いましょう。そして力を入れすぎず、手早くスピーディーに研ぐ事がポイントです。

(ナゼ?)→お米にはぬかがついています。水を加えてすぐに流さないと水分が糠を含んだままお米に吸収されてしまい、炊き上がりがぬかくさくなってしまうことがあるんです。最初のひとかきを10秒くらいで捨て切れば、ぬか臭さがつくのを防ぐ事ができます。

Aその後、とぎ汁が済むまで、4〜5回水を入れ替えて研ぎましょう。

(ポイント)→完全に濁りが取れるまで研ぐ必要はありません。研ぎすぎによりお米が砕けないように注意しましょう。

B最後に、水気はきちんと切っておきましょう。

【水加減】
水加減はご飯の美味しさを左右するので、大切なポイントです。新米は水分を多く含んでいますので、水加減は若干少なめにしていただければおいしく炊き上がります。

(ポイント)→炊飯器の目盛りを目安にして、固め、やわらかめなど、お好みで水加減を調節してください。

【浸す】
新米は、浸さずにすぐ炊くことができます。
古米だと、夏場…30〜60分。冬場…60〜120分。が目安です。

【炊く】
お米を炊飯器に入れたら、お米の表面を平らにします。(吹きこぼれと炊きムラの原因を無くします。)

【蒸らす】
炊飯器のスイッチが切れたらそのまま15分ほどおいて蒸らします。蒸らすことで、ご飯粒の水分を均一にするのです。

【混ぜる】
蒸らした後、ご飯を潰さない様に、切る様にしゃもじを入れます。ご飯と釜の間にしゃもじを入れ、釜に沿って一周します。上のご飯と、下のご飯が入れ替わるように、軽く混ぜます。余分な水分が逃げて、ふっくらとしたご飯の出来上がりです!

これでアナタもご飯炊き名人!じょうずに炊いて、おいしい新米を楽しんでください(^◇^)

▲戻る