色彩選別機(玄米/白米用)



色彩選別機は、白米や玄米の中からカメムシ被害米や着色米を検出し、エアで吹き飛ばすことにより良品から不良品を取り除く機械です。
クボタの色彩選別機は、カメラ方式を採用しているため、カメムシ被害米など微少な不良部分を素早く、正確に検出します。

(選別のしくみ)
投入されたお米はシュート上で一列に整列され、カメラによって良/不良の識別が行われます。
不良と判断されたお米はエアエジェクタ(空気銃)によって吹き飛ばされて不良品口から排出されます。


▲戻る