人は思い悩む心からの解放を求めて生涯努力を続けます。

しかし、人は変われません。またあの人も、この人も変わって欲しいと願います。しかし、やはり他人も変わってくれません。

何故人は変われないか? それは、人が実在しない心を変えようとするからです。

また、人は心の持ち方をプラス思考に変えれば、人生が好転する事は良く知っています。
しかし、プラス思考になれないのです。

何故なら、心は実在しないからです。
実在するのは肉体です。そして、肉体の状況が人間の心の実体なのです。

だから、肉体が変わらない限り心もかわるこてが無いのです。
難行苦行や悩み続けても悟りも,悩みから解放されることも、永遠に無いのです。

しかし、肉体に気が充実した時、人はプラス思考に変わり、充実感と満足感、感謝の気持ちに満たされます。

やはり、健全な肉体に健全な精神、心が存在し、人生が好転します。
一過性でなく、常に素晴らしい人生であり続けるためには、健全な環境が不可欠となります。