癌細胞は悪環境と強度のストレスから発症します。

元気な人ほど癌にかかりやすい。

正常細胞は優れた自然環境のエネルギー地場によって育まれ、そして、そのエネルギーによって機能が活動しています。

したがって、環境が悪化すると、正常細胞の生命活動は停滞し、癌細胞は活発化することになります。環境の悪化に合わせ、現在では男性の3人に1人、女性の2人に1人が癌と言われています。
スカンジナビアホームの横浜体験ハウスは、強力な自然生体エネルギー地場を作ることにより、正常細胞の免疫力を高め、癌細胞はその存在地場を失って、自然消滅してゆく形で消えて行きます。

何事も、争う事よりもその原因を取り除くことが大切であり、最も簡単なこと出もあります。