著しい環境エネルギーの低下と共に心身の病やガンの発生率は高まり、浄化の天変地異は激しくなってきています。
それと共に今年は急速にえびす柱や岩盤浴ベッドの応急対策が盛んになってきています。かつて日本列島のレイラインに大黒柱のエネルギーネットワークの建立が行われてきました。
今年の1月23日に群馬県冨岡のロペス邸を皮切りに、スーパーえびす、特大えびすの建立が進み、かつて無かった北海道、四国への普及も進んでいます。
その後、3月3日、4月4日、5月をおいて6月6日金沢市に建ちます。巨大なえびす柱によるエネルギーネットワークをゾロ目月日のリズムで設置してゆくことによりさらなる相乗効果を目指したいと思います。
次回の7月7日からのパワーえびす柱の建立参加者を集います。


■エネルギーネットワークとは?

■特大えびす柱建立

■大黒柱建立の意義とエネルギーライン

■世界の真中日本列島脊柱への御柱建立

▲戻る