【出版社オフィスの電磁波対策と水の活性強化】

施工ビル建物

蛍光灯とパソコンが多用されるオフィスは人体最低必要値の免疫14を大きく下回る免疫6の強力な電磁波を発生していて、疲労や心身の病や癌発症のいちばんの原因となっています
業務用の万能型超活性装置を分電盤に設置するだけで、奥多摩山林並みな自然生命エネルギー溢れる環境に変わります


電灯用と動力用の分電盤
電灯用分電盤のブレーカーに業務用-万能型超活性装置を設置し、動力用のブレーカーに万能型超活性装置スーパーストロングZ1セット、ゴールドチップ5セット設置し、それぞれのエネルギー値が免疫6から21にアップしました。


照明器具やパソコンのエネルギー値が免疫6から最高の免疫21に活性強化したことで、免疫11のシックハウス状況の社内環境は奥多摩山林並みな免疫17の自然環境レベルに改善しました。


照明器具の活性強化
免疫6(人体最低必要値14)が樹齢1,800年の大樹並みな免疫21活性強化しました。


最も身体に影響を与える大量のぱそこんが健康器具に!
免疫6から⇒21に活性強化します


電磁波の強い電子レンジはお弁当などの食べ物をさらに悪化させます。
業務用-万能型超活性装置の設置で、免疫5の電子レンジが免疫21の最高の遠赤外線健康エネルギーに変わることで、お弁当や食べ物を健康食に変えます。