スーパーえびす柱による活性化対策

■環境対策の流れ
【現存の環境対策】
◆寝室に免疫23の岩盤浴特別強化ベッド2台を設置
◆分電盤にスーパーストロング設置:電気を免疫7から⇒17に強化


大黒柱やえびす柱に使われる樹齢100数十年の奥多摩桧の切出際



搬入されたえびす柱
樹齢150年の奥多摩桧の15mほど先端の部分がスーパーえびす柱として使われます


樹齢150年の写真と水晶が組み込まれます
半導体の水晶を年輪の中心に組み込むことで、生命エネルギーの発動を促進し、柱のエネルギーを安定させて人体に吸収しやすくします


白木の箱に設置させて、海流石や備長炭を配置し、遠赤外線効果の高い天然セラミックを充填します

100sの天然セラミックの充填後に、白石で化粧し完成します
完成時には酸素の天然セラミックと炭素質質の柱の相乗効果で柱の免疫値は21にアップします
また、柱の建立祭の入魂式で柱の免疫値は一気に免疫27まで上がり、
室内全体の環境エネルギーは免疫11から奥多摩山林並みの免疫17まで上がります
寝室2台の岩盤浴特別強化強化ベッドとや分電盤の活性装置との効果で住まい全体のエネルギー値は伊勢神宮境内並みの免疫19まで改善強化されます