土地もろとも健康づくり
【生体活性化システム】の中心となる大黒柱電磁気融合エネルギーシステムとは土地に柱を建てる事により、土地の磁気エネルギーを高めイヤシロ地化を図るものです。
免疫11の土地が、奥多摩森林の17より高い⇒21にまで向上します。
この工法が【ワンルーム特別強化施工】にも応用されて、多くの実績を上げています。

建物の環境エネルギーの改善強化ら敷地全体を含めた土地活性化施工を行うことにより更なる効果をあげる事が出来ます。

■大地の磁場を変える【地中柱活性化工法】はいかにして誕生したか?

■高圧線の傍の家の電磁波対策例

■既存建物の特別強化施工と敷地活性化施工併用例

▲戻る