現在の大気汚染下においては新建材を使わないだけでは十分な環境改善が出来ないため、積極的な活性強化対策が必要です。
活性化工事に自然内装を行うとより効果が出ます。

★活性化対策は?
■施工による効果の違いは!