■自動車の電磁波対策に!
自動車や乗り物のエンジンからの電磁波は電子レンジ並みで、
強度のストレスと発ガン性があります。
スーパーストロングやスーパーストロングZをエンジンルームに搭載することで、
電磁波の解消とエンジンの活性化で燃焼効率や走りが良くなります。


【対策方法】
★スーパーストロング2セットかスーパーストロング1セットをエンジンカバーや近くに設置することで、電磁波を解消して免疫6から14の健康な環境に転換出来ます。
★遠赤外線活性化資材のセラミック炭素の活性化バッグ座席下用3sを座席下に設置して、
座席下からの電磁波を防ぎ車内の空気を快適にします。
★長時間の運転前や運転中は免疫36のスーパー活性水を車内に霧吹きすることで、
車内を爽やかなマイナスイオン空間にして眠気対策や疲労防止が出来ます。
★こうした対策を複合的に行うことで、健康管理と安全運転が可能となります。


【改善値し】

▲戻る