エコ内装リフォームと岩盤浴リニューアルベッドのO邸

電磁波と新建材リフォームを終えたばかりの住まいに収まった岩盤浴特別強化ベッドのM邸
■体の疲労から何度かの癒し体験に訪れたOさんは、10年ぶりに大幅な自宅と産婦人科診療所の環境改善を行った池川院長の生体活性化ベッドを、岩盤浴仕様にリニューアルし、ついでにワンルームマンションの内装を北欧パインフローリングと北欧壁紙のエコ仕様にリフォームしました。

ついでに、天然白木家具の棚を入れて室内環境を一新しました。

◆快適で生命エネルギー豊かな環境に一新された環境に、心身共に感動したOさん曰く、『前の環境がどんなだったか忘れた!家から一歩も出たく無くなった!』そうです。

いち早く、分電盤に取り付けたスーパーストロングによる電磁波解消と、新建材の化学物質対策は、換気しても改善しなくなった中国からの大気汚染による深刻な生活環境エネルギーの低下から、癌や疲れや病になるのを防ぐ体験者だけが理解出来る【環境科学アドバイザー養成講座】の基本です。

■埼玉県鴻巣市のMさんは、娘さんの健康を心配したお母さんが、新建材でリフォームしたばかりの嫁ぎ先の住まいに移ることになり【岩盤浴特別強化ベッド】を送ってもらいました。

◆大手メーカーの住宅を建築する直前に、生体活性化住宅の話を聞いたOさんのお母さんは、そのまま建築してしまったものの、やはり寒さや疲れから翌年には、えびす柱や岩盤浴特別強化ベッドを取り入れることになりました。

そしてさら10年も経たない昨年には、遠赤外線岩盤浴仕様の【床下全面活性化施工】と建物全室の塩化ビニールクロスをデンマークのエコ壁紙に貼りかえ、スーパーストロングによる電気やガス、水道水の活性化対策をを行いました。

電磁波や新建材によるシックハウスと、暖かで快適な生命エネルギー溢れる生体活性化システム環境の違いを実体験したお母さんは、半年間【環境科学アドバイザー養成講座】に通いました。

嫁いでから女性特有の病気に陥った娘さんが、新建材でリフォームした夫の両親と暮らすことになり、何とか岩盤浴特別強化ベッドだけでも入れてもらうことにしたものです。

環境と健康問題は体験した者しか分からないので、理解を得ることも大変です。

■現在、癌の手術をしても取りきれないか、再び抗癌剤や手術を必要と言われて、年々強力に活性化される体験ハウスでの療養で短期間で改善して行くことから、体験ハウスの利用者や環境科学アドバイザー養成講座の受講者が増えています。

■体験ハウスは病を治す所でなく、環境と健康、健康と豊かな人生を実体験する場所です。

豊かな生命エネルギーの環境によって生命力が向上するに連れて、楽しくなりやる気が湧いてきて、免疫力も向上して癌や病が勝手に消えてゆくのです。

しかし、環境が原因で癌や病が発生しているのに、環境の改善なくして手術や治療や、サプリメントや食事療法に勤めても、たとえ体験ハウスで回復しても悪い環境に戻ると同じことになります。

本来は病気対策でなく健康と豊かな人生を構築する技術が、生体活性化システムの体験ハウスであり、環境科学アドバイザー養成講座です。