■ご両親の健康管理に!

【施工写真と解説】


岩盤浴特別強化ベッドとえびす柱の移動を終えた遠赤外線蓄熱式温水床暖房工事前の8畳和室

床下の解体後、山砂と川砂利を敷設し、セラミック炭素敷設

中心と四隅に大型海流石と備長炭を埋設

活性化土間コンクリート打ち用コンクリートミキサーとポンプ車で、セラミック炭素を混入して打ち込みします

【3月4日】

厚さ10pの活性化土間コンクリートの上に、断熱材とワイヤメッシュを敷いて床暖房温水パイプを配管

遠赤外線蓄熱式温水床暖房用の活性化モルタル

大量の天然セラミックと炭素を混入した厚さ15pの遠赤外線蓄熱層
70℃の温水を通す事で強力な遠赤外線エネルギーを発生させます



【3月5日】

5日朝から大雪に白一色になった現場直ぐの日本一の茅葺きの館

遠赤外線蓄熱式温水床暖房の源泉となる高質力の遠赤外線蓄熱層は特別に厚さ15pに

クッション材とフインランド産の欧州赤松材の無垢板フローリングの敷こみ
遠赤外線と赤松無垢材は素足に優しく最高の健康環境です


築50年の和室が最新のパワースポットに変身
6年前に設置された岩盤浴特別強化ベッドとえびす柱を戻して設置
免疫21のパワースポットが完成