1階の外壁はセラミック炭素入り活性化モルタルスタッコ仕上げ
2階外壁は防腐加工した北欧パイン羽目板仕上げ


1階外壁の活性化モルタルはセラミック炭素を混入して遠赤外線効果を高めているためカビや汚れがつきにくくなっています
更に二重にラス網を張り繊維を混入することで厚塗りされ亀裂も入りにくく耐久性も高い


将来木製の窓の取替の際にも壁を壊さないで取替出来るようにモルタルと木製の窓の間は9o空けてシリコン防水が施されています

2階羽目板は厚さ19oの防腐加工された北欧パイン材で更に防腐とそうされています
下地には耐火ボードと厚さ150oのグラスウールが使われ完全な防火構造となっています