【生命磁場高波動装置-響命のエネルギーの向上と数値】
生体活性化システムを取り入れた体験ハウスの中で、最も最新で強力な生命エネルギー装置である【生命磁場高波動装置-響命】は、回復に時間のかかる進行性の乳癌患者のための治療施設として開発され、波動測定限界点である【免疫40】を記録しています。

重量1トンの岩盤浴ベッドに1台200sの大型高波動装置4台が使われ総重量1,800sの特別強化装置となっています。

さらにこれ迄に、高性能な高波動装置やスーパーストロング、波動調整の為の水晶球等が追加設置されて来ましたが、平成26年11月17日にはスーパーストロングの3倍のパワーを持つ【αアルファー・ゴールドチップ】15セットが、本体や大黒柱、分電盤等に追加設置されました。


■平成25年6月14日完成時の数値
◆免疫:38
◆生命エネルギー:29
◆肉体面のオーラ:36
◆宇宙共鳴度:11

■平成26年7月15日
◆特殊高波動装置追加
◆本体に水晶球追加
◆スーパーストロング8セット追加
◆電気や水道水、ガスの活性強化による岩盤浴ベッドのエネルギー強化

◆免疫:38⇒40
◆生命エネルギー:29⇒30
◆肉体面のオーラ:36⇒40
◆チャクラ:22⇒23
◆宇宙共鳴度:11⇒11

■平成26年11月17日
◆免疫40のスーパーストロングの3倍のパワーを持つ【αアルファー・ゴールドチップ】を本体や大黒柱、分電盤等に15セット設置する
◆遠赤外線蓄熱式温水床暖房ベッドの温水に使う水道水がガスもαアルファー・ゴールドチップで活性強化される

◆免疫:38⇒40⇒40(測定限界)
◆生命エネルギー:29⇒30⇒31
◆肉体面のオーラ:36⇒40⇒40(測定限界)
◆チャクラ:22⇒23⇒23
◆宇宙共鳴度:11⇒11⇒11
※伊勢神宮境内の宇宙共鳴度:5
※樹齢1,800年の神代杉の宇宙共鳴度:7

■大黒柱の数値
◆免疫:27⇒39⇒40(測定限界)