最新の大黒柱の活性化対策と数値

平成26年11月17日現在の大黒柱
★免疫40(波動測定限界点)
★生命エネルギー:30⇒31
★肉体面のオーラ:39⇒40
■大黒柱のエネルギー増幅の仕組み
【大黒柱のパワーの変遷】
※【参考値】
◆【人体最低必要値】
免疫=14〜
生命エネルギー値=11〜

◆【現在の住まい】
免疫=11
生命エネルギー値=9

◆【伊勢神宮境内】
免疫=18
生命エネルギー値=16

◆【樹齢1,800年の神代杉】
免疫=20
生命エネルギー値=19

◆【太陽】
免疫=21
生命エネルギー=21
◆元の柱の数値
【樹齢150年の奥多摩桧】
◆免疫=17
◆生命エネルギー=16
◆肉体面のオーラ=18
◆宇宙共鳴度=2

◆大黒柱電磁気融合エネルギーシステムとして完成時
◆免疫=17⇒27
◆生命エネルギー=16⇒23
◆生命エネルギー=18⇒24
◆宇宙共鳴度=2⇒6


■平成24年12月現在の大黒柱
◆生体活性化住宅完成後、岩盤浴特別強化ベッド等の設置や、生命磁場強化サウナ等の建設によって大黒柱のエネルギー値も上昇!

◆免疫=27⇒33
◆生命エネルギー=16⇒26
◆肉体面のオーラ=18⇒32
◆宇宙共鳴度=6⇒11


■平成25年1月28日現在の大黒柱
◆スーパー活性水の利用と、ガスに【Gas活性装置】1セットを設置することで床暖房のエネルギー値が上がり、大黒柱に吸収される!
◆分電盤に【分電盤活性装置】1セット設置によって電気のエネルギーが上がり、大黒柱に流れることで大黒柱の数値がアップ!


◆免疫:33⇒36(伊勢神宮境内:18/樹齢1,800年の神代杉:20/大陽:21)
◆生命エネルギー:26⇒29(伊勢神宮境内:16/樹齢1,800年の神代杉:18/大陽:21)
◆肉体面のオーラ:32⇒35(伊勢神宮境内:19/樹齢1,800年の神代杉:7/大陽:21)
◆宇宙共鳴度:11⇒11(伊勢神宮境内:5/樹齢1,800年の神代杉:7/大陽:15)


◆平成25年7月5日現在の大黒柱
◆分電盤に分電盤活性装置10セット設置後
(電気は免疫6から⇒18にアップ!)

◆免疫:33⇒36⇒37
◆生命エネルギー:26⇒29⇒30
◆肉体面のオーラ:29⇒32⇒35
◆宇宙共鳴度:6⇒11⇒11


■平成25年10月7日現在の大黒柱
◆分電盤をスーパーストロング=4セットと分電盤活性装置=4セットに変更

◆免疫:37⇒39
◆生命エネルギー:29⇒30
◆肉体面のオーラ:35⇒36
◆宇宙共鳴度:11⇒11


■平成26年7月15日現在の大黒柱
◆スーパーストロングをさらに3セット追加
◆分電盤の活性装置に水晶を複数追加設置
※水晶の働きで活性装置のエネルギーの周波数が安定して効果が上がります


◆免疫:37⇒39⇒40
◆生命エネルギー:29⇒30⇒30
◆肉体面のオーラ:35⇒36⇒39
◆宇宙共鳴度:11⇒11⇒11


■平成26年11月17日現在の大黒柱
◆分電盤のブレーカーにスーパーストロングの3倍のパワーを持つ【αアルファー・ペンダント】に使われている【αアルファー・ゴールドチップ】11セットを追加設置

◆免疫:40⇒40(測定限界)
◆生命エネルギー:30⇒31
◆肉体面のオーラ:39⇒40
◆宇宙共鳴度:11⇒11


体験ハウスの大黒柱のエネルギー値は、生命磁場強化サウナを含めた大黒柱の中で最高値となり体験ハウスの室内環境のエネルギー値を大幅に高めます