◆お米の比較と農地活性化によるエネルギー値

【特長】
★水田や畑は長年に渡る農薬や化学肥料、大気汚染による汚染で、市街地の住宅やマンションと言ったシックハウス並みなエネルギー値です。

★従って、そうした化学物質の影響でお米のエネルギー値が健康レベルに達しないものが多い。

★しかし、野菜の免疫7〜8に対して、お米は免疫11〜13位なものが多い。

【対策】
対策として、土地を活性化してエネルギーの高いお米を作るか、超活性水や分電盤活性装置を使い化学物質を軽減させて、美味しくエネルギーの高いご飯に変えることが出来ます。

■一般の農地と活性化した農地
(長野県辰野町)
★免疫:11(14〜)⇒22

★ストレス:7(8〜)⇒19

★癌共鳴度:7(8〜)⇒19

■一般の農地と活性化した農地
(郡山市/3,69マイクシーベルトの水田)
★免疫:11(14〜)⇒19

★ストレス:7(8〜)⇒14

★癌共鳴度:7(8〜)⇒14

※放射線量0,45マイクロシーベルトに減少

■市販のお米の数値
★茨城産特別米ミルキー・クイーン): 免疫16/ストレス11/癌共鳴度11

★山形産コシヒカリ(減肥料・減農薬): 免疫11/ストレス7/癌共鳴度7

★新潟コシヒカリ・棚田ロマン: 免疫14/ストレス10/癌共鳴度10

★秋田産あきたこまち: 免疫13/ストレス7/癌共鳴度7

★ミツハシ美食玄米: 免疫12/ストレス9/癌共鳴度9

■活性化した農地のお米
★長野県辰野町:免疫/ストレス/癌共鳴度

【隣接農地のお米】免疫13/ストレス8/癌共鳴度10

★郡山市: 免疫18/ストレス16/癌共鳴度15