◆一般野菜と無農薬野菜の違い

【特長】
★水田や畑には数十年に渡って農薬や化学肥料が数十年に渡って蓄積されています。

★さらに、大気汚染による重金属等も蓄積されています。

★土地の浅い部分が濃度が高いため、白菜やレタス、ほうれん草等の葉物野菜が特に目立ちます。

★地中に深い大根等は比較的少ない方です。

★無農薬や有機野菜と果物に関しては免疫15ほどあり健康エネルギー値は確保されています。

【コメント】
生野菜が健康に良いというのは昔の話です。
農薬や化学肥料が使われ初めて久しい今日の農業と農作物は、決して健康に良い作物はありません。

出来るだけ健康エネルギー値の高いガスを使っての温野菜にして食べるか、十分な除染が必要です。

【対策】
電磁波の強い電気の免疫7に比べて、ガスのエネルギーは健康値の16あります。
煮たり炒めたりすることで、食物のエネルギーアップとある程度除せんが出来ます。

さらに、高波動の活性水でゆすいだりひたすことで、エネルギー調整と除染が出来ます。