岩盤浴(普通仕様)ベッド
岩盤浴特別強化ベッドとの違いが分かります

設置前の室内
免疫11(最低必要値=14以上)


設置後の室内
免疫値11⇒15〜16


施工画像

普通仕様の枠組みと遠赤外線カーボンヒーターの設置

絶縁紙敷き込み

天然セラミックスと混合活性化資材の敷設

粒状備長炭、竹炭、杉炭、天然セラミックスの陰陽遠赤外線混合資材50sの填圧
特別強化仕様は100s入れます


天然セラミックス25s敷設
岩盤浴特別強化ベッドは50sとなります


熱伝達と熱容量を高めるために各資材ごとに十分填圧して密度を高めます

エネルギーアップの為の、免疫27の海流石と備長炭、水晶セットの配置
岩盤浴特別強化ベッドの場合は海流石と水晶の大きさが一回り大きくなります
完成後の免疫値は23になります


スノコとエネルギーカードセットを配置
免疫23⇒24


設置後の室内環境は免疫11から⇒15〜16になります
えびす柱を併設した場合は17〜18になり、柱への入魂祭後には伊勢神宮境内並な免疫19になります