設置前の室内
免疫11(人体の最低必要な免疫値14)


設置後の室内
免疫11⇒18にアップ


遠赤外線カーボンヒーターと絶縁紙を設置後の免疫35のエネルギーケースの取り付け
免疫25のベッドが28〜9にアップします


天然セラミックスを敷設し、粒状備長炭や竹炭、杉炭、天然セラミックスの混合資材を敷設、更に天然セラミックスを敷設して免疫27の海流石を人体に沿って配置します

海流石に備長炭を添えて、酸素と炭素の陰陽の遠赤外線バランスと、強化を計ります
更にエネルギーを人体に吸収しやすくするために、振動数の安定性のある水晶球を中心と四隅に配置し完成します