◆新型インフルエンザ

【コメント】
動植物や微生物等、生命体はその場所や環境に適したものが発生し生存します。
従って、環境が変われば生態系もかわり、時には絶滅して行きます。

そうした地球的環境汚染の中からつき次と新手の病原菌やウィルスが発生し、時には猛威を振るいます。
そんな一つが新型インフルエンザです。

汚染度が強くなればなるほどウィルスは強くなり、動物や人間の免疫力は低下するため、急速な感染や死亡率が高くなります。

何れの場合でも免疫力や生命力の低いほど犠牲になりやすいのです。
そして、予防対策も大変です。
感染しない力をつけるためにも、消毒等の予防の面からも、最大の予防は生活環境の活性化対策です。

免疫力や生命力アップと病原菌やウィルスの威力を低下させるダブル効果があります。