◆農作物

一般の市販米の【数値】
★免疫=13(14〜)
★生命エネルギー値=9(11〜)
★ストレス=9(8〜)
★癌共鳴度=7(8〜)
※()内は人体最低必要値

【特徴】
★全国のお米や野菜のエネルギー値は、土壌の汚染度と同じように低い。

★土壌の環境値と農薬や化学肥料の影響を受けています。

★全国の畑や水田の数値と、住宅やマンションの数値、農作物の数値はほぼ同一です。

★殆どの農作物の癌共鳴度は初期癌7の数値が計測されます。

【コメント】
長年にわたる農薬や化学肥料や大気汚染で汚染された、全国の畑や水田の免疫値は11で、住宅やマンションと同じシックハウス環境のため、野菜やお米の免疫値やストレス、発ガン性はシックハウス並みな数値が計測されます。

従って有機栽培であっても、それまでの蓄積された農薬や化学肥料の影響や大気汚染の影響も考慮する必要があります。

生野菜で食べるより温野菜にした方がむしろ安全と言えます。

【対策】
こうした化学物質の影響を排除するために農地活性化事業を行っていますが、一般の農作物は料理の段階で活性水等を利用して改善することが出来ます。