◆高層マンションと磁場エネルギー低下

【コメント】
人体も動植物も、宇宙大気空間の生体電気エネルギーと大地の生体磁気エネルギーの両方からのエネルギーを受信して、生命機能が行われています。

従って、大地に足をつけてる時が最も健康的です。

大地には2酸化ケイ素という酸素の塊のような土や岩盤があり、常に生命エネルギーである磁気エネルギーを発信しています。

従って、大地をコンクリートで封鎖したり、大地から遠ざかることは、生命エネルギーが希薄になって行くことになります。

かつて、某大学の研究で5階以下に住む人達と、6階以上に住む人達の健康調査を行ったところ、5階以下に住む人達の方が健康面でも、出産率でも高いことが分かりました。

しかし、現在では交通量も増えたことで、都市の低層階は排気ガスの問題もあります。

また、地上の生体を持った宇宙飛行士が地上を離れて宇宙空間で長期間滞在してくると、骨や筋肉や身体機能に障害が出ます。
これは単に筋肉を使わなかっただけではありません。

こうして、高層マンションでの生活も健康に関係があることが分かりましす。

【対策】
高層マンション対策としては、高層階に人口地盤の磁場空間をつくることで、寧ろ低層階の排気ガス問題を同時にクリアーすることも出来ます。