◆電子レンジ・IHクッキングレンジ
電子レンジの【環境数値】
★免疫=4(14〜)
★生命エネルギー値=4(11〜)
★ストレス=-2(8〜)
★癌共鳴度=2(8〜)
※()内は人体最低必要値
※IHの電磁波はより強い


【特徴】
★電子レンジの電磁波も大変高いが、直接に人体や室内への影響だけでなく、食品その物のストレス度を高め、発ガン性を高めます。

★特に一般食品の癌共鳴度は7から、末期に近い4までたかまります。

★高い電力を消費するIHは特に強い電磁波を出します。
電子レンジと同様に、室内や人体ばかりでなく料理にも悪影響があります。

【コメント】
食べ物に使用する電子レンジやIHは特に強い電磁波を出し室内環境や人体に影響しますが、食品や料理のストレス度や発ガン性を高めてしまいます。
こうした食べ物を取ることで、内部被曝状態を作ります。

※生体を活性化システムでは電磁波を健康に良い遠赤外線に転換させ、むしろ健康な環境と健康な食べ物に変えます。

【対策】
利用価値の高い電子レンジ等は使わないことより、電磁波を健康に良い遠赤外線に転換させて、良い食べ物になるような積極的な対策が必要です。