◆高圧線やトランス
高圧線の近くの建物の【環境数値】
★免疫=11(14〜)
★生命エネルギー値=4(11〜)
★環境ストレス=6(8〜)
★癌共鳴度=5(8〜)
※()内は人体最低必要値


【特徴】
★高圧線から放射される電磁波は大変強力で、周辺の住宅やマンションの室内環境での癌共鳴度は5で、中期癌レベルの電磁波を24時間発生し続けています。

★超高速で回転する細胞内原子に干渉するため、肉体や脳細胞にも影響します。

★特に高圧線近くに住む人の癌発生率はたの所より多い。

★福島第1原発での測定では、建屋からの環境被害度より二本の高圧線からの電磁波の健康被害度の方がはるかに高い数値が測定されます。

★トランスは電磁波は高圧線より弱くても、建物の極近くに設置されるため影響が高い。

【コメント】
高圧線から45度の角度で地上に放射されます。
アメリカでは高圧線と癌の因果関係は、発電と経済上の都合から認めていませんが、40m以内の建築は禁止されているようです。

日本では高圧線の真下でも野放し状態で建物が建てられており、癌の発生率も多くみられます。

街角のトランスも建物に接近しているため同様に、室内空間に影響します。

【対策】
公益上高圧線の排除は出来ませんが、生活空間での電磁波対策が必要です。

かつて、高圧線の側に建築された、大黒柱電磁気融合エネルギーシステムのある【生体活性化住宅】と土地の活性化システムのコラボでは、電磁波を吸収し健康に良いエネルギー空間に転換させることができました。