◆サプリメントやミネラルの過剰摂取の危険性
【人体最低必要値】
★免疫:14〜
★ストレス:8〜
★癌共鳴度:8〜

【サプリメントの数値】
★マキシモル・リリューション:免疫19/ストレス9/癌共鳴度

★ハワイアン・ノニジュース:免疫18/ストレス9/癌共鳴度

★フコイダン・シズル:免疫16/ストレス9/癌共鳴度

■【活性水】
★富士の水素水・バナ:免疫21/ストレス17/癌共鳴度19

★活性水・銀河水:免疫21/ストレス16/癌共鳴度

★ミネラル解離水:免疫18/ストレス10/癌共鳴度15

■【超活性水】
★超活性水S400:免疫33/ストレス21/癌共鳴度21

★超活性水S560:免疫34/ストレス21/癌共鳴度21

★スーパー活性水:免疫37/ストレス21/癌共鳴度21

【コメント】
動植物や人体は水素・炭素・酸素の三大生命元素99,75%と0,25%の微量ミネラル元素の絶妙なばらんすで構成されています。

料理に使われる調味料のように、また薬のようにサジ加減が大切であり、人体は絶妙なバランスでコントロールしています。

安易な摂取は過剰な重金属症状をもたらします。

生命力の低下した細胞の治癒能力では殆ど過剰なミネラルのコントロールが効かず、過剰に体内蓄積され体のバランスを崩します。

人体必須栄養素は48種類と言われていますが、この全部を合わせても0,25%の許容量しかないのです。

比重の高いミネラル元素亜鉛は生殖機能には欠かせないミネラルですが、本来は猛毒でもあります。
過剰摂取は禁物です。
牡蠣などに多く含まれますが、それでも牡蠣全体の0,25%の48種類の内の1つなのです。

■ミネラルのことを考えるなら幅広く多くの物を取り、しかも食べ物として取ることが大切です。
過剰摂取を防ぎ、満遍なく摂取出来るからです。

■ミネラルとは鉱物のことであり、大気以外の地球全体がミネラルの固まりです。

■環境が悪いから野菜にミネラルが少ないからサプリメントで取るのが良いと言われるが、植物は人間よりはるかにバランスの良いミネラル摂取を行っており、それが出来なければ、野菜にはなりません。

■サプリメントと言えども摂取し過ぎると薬以上に危険です。
薬もドリンク剤も疲れた時や病気の時に一時的に摂取することが大切です。

■現代人はミネラル不足より、むしろミネラル過多、栄養過多であり、疲れや病気の原因は生命細胞内原子に干渉するマイナーな環境エネルギーが原因です。

■マイナーな環境エネルギーで疲労した体内に更なる重金属の投下は危険です。
過剰に摂取している人のストレス度は極めて高くなっています。

■一時的な摂取は健康な刺激剤になりますが、過剰な摂取には注意が必要です。
【対策】
生命エネルギーである強力な遠赤外線エネルギーは、人体に影響を与える環境物質や電磁波などのマイナーなエネルギーを抑え込み、細胞の免疫力を高めることで、過剰な細胞内物質の排泄も可能となります。