◆地球温暖化
【コメント】
大気汚染と地球温暖化は同一かの事項です。
2酸化炭素の増加は、実際に2酸化炭素が増加するわけではない。
本来大気層を覆っている水素から酸素までの元素があり、水素を中心として酸素と炭素が陰陽の働きで動植物の生命活動を支えています。

動物は水分と食料を取り、酸素を吸って生命活動を行って酸化した2酸化炭素を吐き出し、樹木は水分とその2酸化炭素を吸収し光合成を行い、炭素を体内に残して、酸素を放出します。
つまり、動物と植物は、まさに相互補助関係にあります。
人間が自然の生活をしている間は、この関係はバランス良く発展繁栄します。

しかし、人間が産業を手にいれ化石燃料を大量に使うようになると、2酸化炭素の排出量が急速に高まり、大気汚染と温暖化現象が急速に高まります。

特に中国からの大気汚染を受ける日本は、今危険な状態にあります。

そして、自然の生命バランスが失われ動植物の生命が失われて行きます。

これまでは、3ヶ月半で成長する竹はそれほど繁殖しませんでしたが、急速な2酸化炭素の増加によって竹の繁殖が勢いづき、全国の生態系が替わりつつあります。

■全国の森の間伐と同時に、竹を伐採して竹炭にし、福島の農地活性化にして行くことで、2酸化炭素問題を友好利用することも出来ます。

何れにしても地球的温暖化は個人単位でも、急速な解決も出来ませんが、個人レベルでの環境対策が急務です。