◆農地や土地の汚染

【環境数値】
★免疫=11(14〜)
★生命エネルギー値=9(11〜)
★環境ストレス=7(8〜)
★癌共鳴度=6〜7(8〜)
※()内は人体最低必要値

【特長】
★これは殆ど全国の畑や水田のエネルギー値です。
住宅やマンションも同一です。

★15マイクロシーベルトの飯舘村長泥地区の活性化事業前の畑と同じ数値です。

★つまり、長年使用された農薬や化学肥料が体積して、口に入れる農地そのものがシックハウス状況になっています。

★セシウムよりも寧ろ、他の農薬や化学肥料の健康障害度の方が高くなっています。

★こうした化学物質が農作物に吸収されることでダブル障害となります。

【コメント】
真夏日における熱中症でも畑やビニールハウスで死亡事故が相継ぐのは、こうした化学物質汚染の畑が高温で熱しられることで猛毒状態になります。大気汚染の高化学スモッグ状態が重なるためです。

かつての熱中症とは明らかに異なります。
住宅内でもエアコンを使わないお年寄りが、室内で高化学スモッグ状態に陥ります。
高温で日照りの夏場には毎日1,000人近い人達が救急車ではこばれます。

【対策】
生体活性化システムの農地活性化事業では、こうした農地や敷地を活性化させ、農薬の除染や、土地の生体磁気エネルギーの強化を行い、土地や作物のエネルギーアップを行っています。


【参考】
飯舘村活性化農地の【エネルギー数値】
★免疫=11(14〜)⇒20
★生命エネルギー値=9(11〜)⇒18
★環境ストレス=7(8〜)⇒18
★癌共鳴度=6(8〜)⇒19
※()内は人体最低必要値

伊勢神宮をはるかにしのぐ数値となっています。
郡山市の活性化水田のお米はセシウム0、免疫18の最高のお米が収穫されています。