◆パソコン・テレビ・携帯電話
パソコンの【環境数値】
★免疫=2(14〜)
★生命エネルギー値=4(11〜)
★環境ストレス=1(8〜)
★癌共鳴度=1(8〜)
※()内は人体最低必要値
※影響は大きさや距離によっても異なります


【特徴】
◆電磁波はストレス度や発ガン性は化学物質以上に細胞内原子に影響し、室内環境の空気もプラスイオン化します。

◆テレビはかつてのブラウン管の免疫が4に対して、液晶テレビは免疫2で、さらに強い電磁波を持ちます。

◆長時間、手元で使用するパソコンは最も影響が高く生体を破壊します。

◆耳元で使う携帯電話も、利用頻度が高く大きな影響があります。

【コメント】
電磁波の影響は化学物質以上に高い。
福島第1原発の放射能の影響も、隣接地の免疫は7/発ガン性は3ですが建屋の隣の高圧線からの電磁波は免疫は2/発ガン性は-1となっています。

従って、放射能漏れしてない原子力発電所でも高圧線の電磁波による発がん率が高いはずです。

まして、身近な所で長時間使用する電子機器は電磁波対策が必要です。

【対策】
電磁波をカットするだけでなく、高い健康エネルギーに転換させ、パソコンなどを多用されてる事務所などでは自身の防御対策も必要です。