◆コンクリート
【環境数値】
★免疫=7(14〜)
★生命エネルギー値=8(11〜)
★環境ストレス=4(8〜)
★癌共鳴度=3(8〜)
※()内は人体最低必要値

【特徴】
★煙草や、福島第1原発隣接の汚染農地416マイクロシーベルトと同じ免疫7、癌共鳴度3

★強アルカリ性で木材をボロボロにする為、コンクリートの基礎に替わってから土台や柱が腐るようになり、防腐剤や白蟻駆除剤が使われるようになった。

★天然の礎石に土台や柱を乗せた時代は石の磁気エネルギーで土台や柱が活性化して何百年と耐久性がありました。

※人体の血液も弱アルカリ性であるため、人体に有害です。

◆コンクリートは人体に必要な生体磁気エネルギーを遮断する為、土間コンクリートにすると地面の磁気エネルギーを遮断し、大気中の生体電気エネルギーも遮断して、生命力や体温を低下させる

◆室内環境をプラスイオン化する。

◆冷えやすく、体温や生命エネルギーを奪う。
【コメント】
建材の中ではコンクリートは強度はあるが、強アルカリ性で人体に有害であり、土間コンクリートを使うことで地面の湿気を押さえても、人体に必要な生体磁気エネルギーを遮断し、壁体


【対策】
強アルカリ性で木材や健康に悪いコンクリートが、炭素やセラミック炭素の配合で弱アルカリ性で防水性や強度の高い健康建材に変わります。