免疫とは総合的な生命機能であり、生命力です。
人体や動植物では健康度を表し、物質では生命との共鳴度を表します。

免疫値を見ることで健康度と健康への効果を知ることが出来ます。

波動とは物理学上のエネルギーに関する基本理論であり、[波動理論]や[波動物理学]と呼ばれるエネルギーを理論付けするための用語です。

一方、エネルギーを粒子として理論付けするものを[粒子理論]と言います。

あらゆる物質は固有のエネルギーを放射しています。
また、人体は大地や自然の中のあらゆるものと共鳴共振しながら生存し、自然界に存在する微量の生体電磁気エネルギーを受信して生命機能を活動させています。

故にその自然や生活環境の中の生命エネルギーが低下すると生命機能、免疫機能が低下してゆきます。

物質や自然の力の磁気反応を捉える磁気共鳴装置が[波動測定器]です。

瞬時にしてエネルギー反応を測定し、測定器と測定者の身体の生体電磁気反応と共鳴させて測定するため、一般の単独な検査器具と異なり一般的には利用度が少ない。

一台の機械でテレビチャンネルの様に周波数を替えて、あらゆる測定が可能ですが、測定費用が掛からないため、検査や手術等を医療の点数とする現在の医療システムでは取り入れられません。

従って、医療判定においては医療機関の検査基準をもって認定付ける必要があります。

いずれにしても、健康に良い物は高い数値として、悪い物は低い数値に表示されるので、利用される人の判断で利用されれば良いと思われます。

ページ