設置前の寝室
免疫11の新建材によるシックハウス環境


岩盤浴二段式特別強化ベッド設置後の寝室
新建材のままでも免疫18の自然の森の環境になります


完成した2台の岩盤浴二段式特別強化ベッド
完成後の免疫値:23
健康管理と、療養のサポートとして役立ちます


下枠と天然セラミックス敷設
二段式ベッドは下枠にも遠赤外線カーボンヒーターが入り、活性化資材、海流石、備長炭がセットされます


活性化混合資材の敷設と填圧
[粒状備長炭と竹炭、杉炭に天然セラミックス配合資材]


免疫27のスーパーストーンの海流石と備長炭を配置して強化します
更に上の段の枠をのせます


上枠に底板と断熱材を張り、カーボンヒーターを敷設します
温度制御の遠赤外線ヒーターのため安全で健康的な資材です


天然石の中では最高の遠赤外線を誇る免疫21の海流石を填圧して、ヒーターの熱伝導を高めます
更に陰陽の遠赤外線活性化資材を敷設して、その上に再び天然セラミックスを乗せて填圧します


大量の陰陽の遠赤外線活性化資材を敷設填圧した上に、海流石や備長炭を配置して遠赤外線の強度を高め、中心と四隅に水晶を配置して全体のエネルギーの安定を図り、人体への吸収力を高めます

人間の生命エネルギーは生活環境に存在する陰陽の遠赤外線の波動を持った生体電磁気エネルギーであり、脊柱を通り自律神経を通して各臓器に送られます

化学製品の新建材によって生活空間の生命エネルギーは低下し、電磁波の氾濫する環境になり、健康が阻害されています
岩盤浴特別強化ベッドでは人工的に陰陽の遠赤外線である生体電磁気エネルギーをつくり人体に取り込みます
生命エネルギーの導入管の脊柱にそって海流石や備長炭を配置して脊柱のエネルギー導入を加速します


2台の岩盤浴二段式特別強化ベッドの完成
それぞれ免疫23のエネルギー効果がありますがエネルギーシート等を併用して、免疫25から29まであげることも可能です


岩盤浴特別強化ベッドの設置で室内環境も免疫11から伊勢神宮並な、免疫18〜19に向上します


本来は全面的に自然の生命エネルギーの材質と活性化システムを取り入れた生体活性化住宅での建て替えが理想ですが、一番悪質である一階床下面を強力な陰陽の遠赤外線岩盤浴方式に改造して、病の場合は部分的に岩盤浴特別強化ベッドを採用することが最も有効です

今回は健康面から緊急に岩盤浴特別強化ベッドを設置して、体力を上げて床下全体の強化を図ります