生体活性化ベッドの種類と内容
生体活性化ベッドには背の高い洋室タイプと背の低い和室タイプがあり、さらに中の資材によって異なります

■岩盤浴仕様
天然セラミックと、備長炭・竹炭・杉炭・天然セラミックの混合資材を岩盤浴仕様に填圧した蓄熱層に、背骨に沿って免疫27のスーパーストーン[海流石]と備長炭を配置して、遠赤外線エネルギーを人体に吸収しやすく中心と四隅に超半導体の水晶を配置したタイプとなっています[免疫値=23]

■岩盤浴特別強化仕様

岩盤浴仕様より活性化資材を増やし、スーパーストーン[海流石]と備長炭、中心と四隅の水晶セットを大型にした強化タイプです[免疫値=23]

■岩盤浴二段式強化仕様[洋室タイプ]

岩盤浴特別強化ベッド洋式タイプの下段枠にもカーボンヒーターと活性化資材を敷き詰めたさらに強化されたタイプです[免疫24]

■スーパー岩盤浴特別強化仕様[洋室タイプ]

岩盤浴特別強化ベッドの心臓部に免疫値36の[超高波動装置]を装填した超強化タイプです
岩盤浴特別強化ベッドの効果と[超高波動装置]のパワーが融合された本格高性能のヒーリングベッドです[免疫値=27]

■スーパー岩盤浴二段式強化仕様[洋室タイプ]
スーパー岩盤浴特別強化ベッドの下段枠内にも遠赤外線カーボンヒーターと活性化資材を充填したタイプです[免疫値=27]