【癒しの体験ハウス】
その究極の内容と効果!
大気汚染と、電磁波や化学物質多用の新建材によるシックハウス現象で、癌や病気が急増しています
病を治すことよりその原因となっている環境を改善することが大切です
生命力を向上させ豊かな健康と人生を実現するための、体験空間が癒しの体験ハウスであり、世界の特許を取得した、原子レベルから細胞を活性化させる【生体活性化住宅】す


■【生体活性化住宅】とは?
世界の特許を取得した3つの究極の健康エネルギーシステムを取り入れた住まい
◆大黒柱電磁気融合エネルギーシステム
約2,5トンの遠赤外線活性化資材と共に、樹齢100数十年の桧の大黒柱を大地に埋設して立て地場を活性化させ、自然生命エネルギーの元となる自然生体電磁気エネルギーを高め、住まいと人体の生命力を向上させ活性化させるシステムです

免疫17の大樹のパワーが大黒柱電磁気融合エネルギーシステムになり、他のエネルギーシステムと共振して、現在では測定限界点の免疫40の超パワー装置に変わります

さらに、新建材の一般住宅の免疫11(人体に必要な数値は免疫14以上)が免疫33までアップします(伊勢神宮境内や自然パワースポットの数値が免疫18〜19)


◆遠赤外線蓄熱式温水床暖房システム
岩盤浴仕様の【遠赤外線蓄熱式温水床暖房】とは、遠赤外線エネルギーの高いセラミック炭素資材を床下全体に敷設して、綺麗な山砂と川砂利を敷き込み、大量のセラミック炭素粉末を混入し活性化させた土間コンクリートや、温水パイプを敷設した蓄熱モルタル層を打ちます
これに70℃の温水を通すことで強力な遠赤外線を発生させ、室内の空気や人体を細胞レベルから温めて活性化させるシステムです
室内の空気を浄化し、臭いやカビや湿気を取り、電磁波を解消します

また、一般のコンクリートは強アルカリ性で体に悪く、高い発ガン性があります高いが、遠赤外線の活性化コンクリートやモルタルは弱アルカリ性で免疫21の最高の健康建材となり、抗ガン効果もあります


◆セラミック炭素活性化システム
昔の天然の礎石と異なり、現在の強アルカリ性の基礎や土間コンクリートは土台や柱を腐らせるため、大量の防腐剤や白蟻駆除剤を使用します
これがさらに、人体に多大な影響を与え、家を腐らせたり、癌や病気をつくるシックハウスの原点となっています

強アルカリ性で免疫7のコンクリートにセラミック炭素を混入することで、弱アルカリ性で免疫21の健康建材に変わります

この効果を応用して、基礎や土間コンクリートや地盤に約2〜3,000sの遠赤外線のセラミックや炭素資材を入れることで、地盤や床下から健康な環境づくりを行い、尚且つ、土台をまもり湿気対策や耐震性、耐久性の効果を高めます


【健康ハウス内の健康設備】

◆岩盤浴特別強化ベッド
体験ハウス内には高質量の遠赤外線活性化資材を大量に取り入れた、岩盤浴型の遠赤外線特別強化ベッドが設置されています

◆超活水装置と活性水
体験ハウスに使われる免疫5の水道水は、免疫40の【超活水装置】を使って免疫40のスーパー活性水に変換されています
飲料水は元よりお風呂や洗濯に使われ、さらに温水床暖房の温水もエネルギーの高いものを使うため、遠赤外線効果を引き上げています

この超活性水はガン患者や透析患者も利用して、良い結果例があります

◆分電盤超活性装置による電気の活性化対策
水道水同様、体験ハウス内の電気や電気製品、電子機器は全て分電盤の超活性装置で健康エネルギーに変換されています
平成25年に福島の放射能汚染対策の研究から開発された、免疫36の水道水や電気やガスの活性装置から始まり、さらに免疫40に強化されたスーパーストロングや、αアルファー・ゴールドチップを分電盤に大量に設置することで、
ストレスや発癌性の高い免疫5〜7の電気や電気設備を免疫30の、遠赤外線蓄熱式温水床暖房以上の強力な生命エネルギー装置に変換することに成功しました

床と天井から遠赤外線エネルギーを放射することで、それまでの免疫25の室内環境エネルギーが、現在では免疫33まで向上して高い効果を発揮しています


◆ガスの活性化対策
ガスのエネルギーは免疫16で電気に比べて健康的ですが、薪の炎のエネルギー値の免疫20より劣ります
ご飯でもお風呂でも電気やガスよりも美味しく、暖まるのは免疫値の違いです
体験ハウスのガスメーターでは免疫40のスーパーストロングやαアルファー・ゴールドチップを大量に設置することで、ガスのエネルギーを免疫26まで高めています
したがって、遠赤外線蓄熱式温水床暖房効果は勿論、料理はエネルギーが高く、美味しくなり、お風呂は超活性水の力と重なり温泉より遥かに健康なお湯になっています


【体験ハウスの付帯施設】
年々悪化し改善率が低下して行くなかで、体験ハウスのエネルギーシステムさらに凝縮強化させた施設が増設されています

◆【生命磁場強化装置(超低温遠赤外線サウナ)】
狭い空間に生体活性化住宅一軒分の大黒柱電磁気融合エネルギーシステムや遠赤外線蓄熱式温水床暖房システム、岩盤浴特別強化ベッド等の仕組みを強化して造られています
低温快適な癒しの空間で一時間眠っている間に、大量にデドックスして生命力を高めます


◆生命磁場共鳴装置ーピラミッド・クリスタル
中心の大黒柱を取り巻くように4本の柱が、大量のセラミック炭素等の活性化資材と共に設置され、周囲の壁の中には高波動装置が組み込まれています。

水晶の組み込まれた柱に座り、チャクラにエネルギーを取り込むと同時に、背骨を大黒柱に沿わせてエネルギーセンターを共振させます。

生命磁場強化サウナでのデドックスの後に利用することで、生命エネルギーの吸収率がより高くなります。

◆超パワーシート装置◆生命磁場高波動装着-響命

総重量1トンの岩盤浴特別強化装置の上に、重量200sの高波動装置4台を設置して、下からの遠赤外線エネルギーを受けながら高波動装置の間に座り、強力な生命エネルギーによって生命力の充実を図る施設です。

そして、4台の装置の間にも横になってヒーリングアップすることが出来ます。

さらに、デンマークで開発され、ノーベル賞を受賞したと言われる炭素棒を使った【光線治療器】と強力な遠赤外線効果のある海流石を充填した光線治療コーナーも併設され、αアルファー・ゴールドチップによって、電気や器具を活性化させ免疫18の光線治療器が免疫36までエネルギーアップされています。

響命自体は施設の中で最も波動が高く、測定限界点の免疫40を計測しています。


体験ハウスの使い方
体験ハウスや施設にはそれぞれの特徴や効果があります
日数や利用方法を組み合わせることで、より効果を上げることが出来ます

◆3泊以上すると効果が大きい!

体験ハウスの健康エネルギーである強力な遠赤外線は、体内に浸透して細胞内原子を回転させて体温を高め、免疫力や生命力を向上させます
その結果、疲労回復や身体機能が回復し、癌や病が消滅して行きます

◆体験初日は体が疲労し、細胞の活動も低下して疲労物質も溜まっているため、遠赤外線の生命エネルギーの浸透に時間が掛かります
そして、デドックスされた分づつ生命エネルギーが取り込まれて行きます

最初の2日間でかなりデドックスされ、3泊目には脊柱の通りも良くなって、十分な生命エネルギーが補給されます

4日目の朝には生命エネルギーに満ちて、喘息が止まったり、目が見えるようになったり、結構が良くなったりして艶々して綺麗になります


◆生命磁場強化サウナに1時間利用で1泊分の効果!
体験ハウス一軒に使われる生体活性化エネルギーシステムの資材や技術が、3畳程の所に集中凝縮され、さらに強化されているのが生命磁場強化サウナです
しかも、遠赤外線効果を上げる為に温度も少し高くしています
1時間ほど40℃前後の遠赤外線エネルギーの中で仮眠するだけで、温泉の数倍の温熱浸透効果で老廃物が放出されます

健康回復には栄養を取り込むことより、デドックスすることが重要です


◆施設の上手な使い分け
施設にはそれぞれの特長があります
上手に使い分けることでより効果を上げることが出来ます

◆生命磁場強化サウナでデドックスをする

◆生命磁場共鳴装置ーピラミッド・クリスタルでデドックスされた体に生命エネルギーの充電を行う
大黒柱に脊柱を共鳴させて内臓や細胞を強化すると共に、桧の柱の椅子に座り人間の能力を高めるチャクラのエネルギーを吸収することで、心身のヒーリング効果を上げることが出来ます

◆生命磁場高波動装置ー響命や光線治療器は、特に病の患部の療養などに効果があり、施設の中では最も波動が高く、測定限界点の免疫40が計測されます

◆施設を利用しながら体験ハウスの岩盤浴特別強化ベッドで睡眠を取ることで、さらに深いヒーリング効果があります


▲戻る