■人体は水素・炭素・水素といった大気中の軽い遠赤外線元素でそのほとんどが造られています。
無機質な住環境や電磁波によって環境エネルギーは低下し、人体も生命エネルギーが欠乏して機能障害をきたします。

■したがって、酸素を多く含む土や、炭素質の樹木の多い自然環境に入ると、人体は爽やかに反応します。

■生活環境の中を自然生命エネルギーに満ちた環境にすることで、ストレスや病を改善することが出来ます。

■薬や治療やサプリメントにばかり頼ることなく、原因となる環境を治療することが賢明です。