癌と病気の違いは何か?
まず、病気とは細胞組織や内臓臓器が正常の機能をしていない状態のことを病気と言います。

かつて、自然や生活環境の良かった時代においては、過度な労働による疲労から来るストレスや強度な精神的なストレスから代謝障害を起こして病気になる場合や、ウイルスによる感染、毒物による障害、またアレルギー体質や虚弱体質などが原因であった。

現在は大気汚染や土地の環境エネルギーの低下などの自然破壊、化学物質を多用した新建材の建物や防腐剤や白アリ駆除剤などの化学物質による自然生体エネルギーの低下と、人体機能への障害、そして、氾濫する電磁波製品による細胞内原子への障害が大きな原因になっています。

つまり、病気とは環境エネルギーの低下や電磁波障害による生体機能障害であり、細胞や人体の生命力の低下した状態を言います。

一方、癌細胞は同様な環境と強度なストレス状態の中で、人一倍元気な人や生命力の強い人の体内に発生する細胞組織です。
つまり、身体の弱い人は病気になり、人一倍元気な人は癌になりやすいのです。

どちらも体温は低くなりますが病気の場合は体温が上がり切れずに低体温となりますが、癌患者の場合は癌細胞そのものが正常細胞と正反対な低体温細胞なのです。

従って、無くなった癌患者を火葬に時、癌細胞は高温にならないため黒く焼け残るのです。

環境汚染とストレスにより、身体の弱い人は病気になり、強い人は癌になりやすいのです。