10/2(火) 13:56配信 ITmedia NEWS

フェイスブックジャパンは10月2日、写真共有SNS「Instagram」を「ぐるなび」と連携させ、飲食店の予約機能を提供すると発表した。

10月23日以降、ユーザーがInstagramの飲食店プロフィール画面に追加された「席を予約する」というボタンを押すと、ぐるなびの予約画面が立ち上がり、日時や人数を指定して予約できるようになる。

予約機能を追加できるのは、Instagramのビジネスアカウントとぐるなびのネット予約機能の両方を利用している飲食店。

フェイスブックジャパンの長谷川晋社長は「現在、ユーザーがInstagramですてきな飲食店を見つけても、行ってみようと思うと電話をかけたり別のブラウザを開いたりしなければならない。(新機能で)Instagram内で簡単に予約ができるようになる」と説明する。

ぐるなびの久保征一郎社長も「ユーザーがInstagramでおいしい料理を見つけるところから、実際に店舗にいくアクションにすぐつながる。

特に女性はInstagramの情報を頼りにしている人も多いので、そうしたニーズにぐるなびとしても応えていきたい」と意気込んでいる。